犬との出会い

オス犬とメス犬の違いはどこに出るのか?その特徴とは?

投稿日:

オス犬とメス犬、どちらにしようか?

犬選びって、一番ワクワクと楽しめる時間ですね。

「一般的には、○○と言われている」

等と言うのは、経験上余りあてにはならないと我が家では考えられ ています。

母は、過去このような理由からメス犬を好んでいました。

「犬を飼うならメスがいいわ、メス犬は大人しいもの。オスだとマーキングをして家の中が臭くなってしまう。」

 

犬の性別差で一番記憶に残っているのが、初代シェパードの「せいや」さんです。

・オスのシェパードは、子供の頃の私にとってヒーローのイメージ。

・オスのシェパードは、母にとって暴れ者で手におえないイメージ。

私の希望により、ブリーダーさんには「オス犬が産まれたら購入します」と予約。

母は子供の頃オスのシェパードを飼っており「とても怖い思いをした」と、シェパードのオスを拒絶。

私の知らないうちに、母がシェパードの「貰い手」を探し出してしまうほどの徹底ぶりでした。

せいやサン(小熊似)を抱きしめながら泣く私と、オス犬を嫌がる母。

その双方を宥め間に入る父は大変だったと思います。

父は、訓練を出してみて様子を見ようと結論を先延ばしにしました。

結果、母の意見は、「シェパードは男の子がいいわよね!」と、今では自分で躾けるほどまでになったの です。

 

■一般的に言われるオス犬とメス犬の違い

オス犬

身体がメスより大きめです。

運動量がメスよりも多いです。

餌代が高くなる傾向があります。

去勢していない場合、発情期に攻撃性が高くなる可能性があります。

未去勢のオスは「支配性」「攻撃性」「防御本能」などの本能的な面が表面化しやすいです。

 

メス犬

オス犬に比べて活動性が低く大人しいとされています。

避妊していない場合は、発情期に落ち込む傾向があります。

メス特有の疾病リスクがあります。

未避妊のメスは「服従性」「寂しがりや」などの性質があります。

これらはあくまで傾向だと私は思っています。

性別よりも、犬種による性質や、犬の個性に大きく左右されるーものでしょう。







-犬との出会い
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬を飼うための7つの環境チェック

今までに我が家にいた犬の何匹かは、本来は殺処分を予定されていました。 現在飼っている太郎さん、次郎さん二匹とも処分予定でした。 身近な所に殺処分の危険があったために、私の場合少々神経質すぎるかもしれま …

犬を飼う環境について気をつけておくべき4つのこと

犬を飼っている我が家の環境はと言うと、冬は寒く雪が積もります。 山沿いで周囲は用水や川があるため、暑い季節には周辺気温より2度ほど低いので過ごしやすいです。 近隣が田畑なため、隣家までは大変離れていま …

良いブリーダーの見分け方 5つのポイント

子犬の販売を目的とした繁殖を行う人を、一般的にブリーダーといいます。 ペットショップを経由せず、直接ブリーダーから購入すると言う方法もあります。   ■直接ブリーダーから購入する際のメリット …

動物愛護団体から犬を譲り受ける際の注意点

動物愛護センター・保健所・各種動物愛護団体から犬を里子として引き取る方法です。 ■メリット 基本無料 殺処分される犬を救う事ができる。   ■デメリット 犬の側に何らかの問題がある場合もある …

はじめて犬を引き取る際のポイントを5つ挙げてみました

犬を迎えよう!引き取り先での確認事項 成犬であっても犬種によって大きさ・運動量は違ってきます。 それだけで、毎日の生活をどのように送ればいいのか不安になるでしょう。 ましてや、日々成長をしていく子犬で …