犬との関係 犬のしつけ

落ち着いた柴犬のサクラと、飼い主の可愛がりが過ぎ、わがまま犬になってしまったモップ君

投稿日:

昨日、我が家に父の友人が遊びに来ました。

奥さんを早くに亡くされた方で、年に数回数日我が家に犬と一緒に宿泊していく方です。

この方、一昨年までは15歳の年齢になる柴犬のサクラさんと言う犬を飼っており、サクラさんも一緒に宿泊していました。

柴犬

父の友人 Y さんとi言いますが、この Y さん、我が家を拠点に数日の間色々なところへと出かけます。

その間、サクラさんは私の母と留守番です。

静かな賢い犬で、かつ礼儀をわきまえているかのように大人しい犬でした。

自分が快適に過ごすためにはどうすればいいか?

よし、このうちの母と仲良くしておくのがベストだな。

とでも考えたのでしょうか?

Y さんが留守の間はずっと母に寄り添ってお留守番をしていました。

「サクラ寒いでしょ、こちらにおいで」

と言えばユックリ歩いて、母の傍で横になる。

そんな可愛い女子犬だったため、太郎さんも次郎さんもサクラさんの存在には寛容でした。

 

さて、そのサクラさんも昨年、高齢のために亡くなり Yさんはサクラさんの後に、保健所からMix 犬を迎えました。

名前はモップ君。

モップ君が以前我が家で宿泊したときはまだまだ子犬でヤンチャ盛り。

好き放題暴れても、Y さんの手前叱りづらい。

Y さんはと言うと、マーキングをしても、

「モップちゃん だめでちょそんな事しちゃ、メッですよ~~」

と言う感じ。

暴君状態のモップ君は、我が家の犬とも折り合いをつける事が出来なかったため、我が家の犬を閉じ込めておかなければいけませんでした。

そんなモップ君が再度うちにやって来たのです。

あれから半年以上、果たして落ち着きが出てきたのでしょうか?

車から降りた瞬間に脱走し、走り去っていきました!!

見事に飼い主さんが奴隷となったパターンです。

Y さんは、挨拶に来ただけで宿泊が無く、心底ホッとしました。

モップ君のために、我が家の犬を我慢させると、我が家の犬達の太郎さん、次郎さんは見捨てられた気分になるのでは?と、心配だったからです。

犬との上下関係をシッカリしておかないと、飼い主だけでなく周囲の人たちにも迷惑をかける。

犬を飼うって責任重大ですよね。







-犬との関係, 犬のしつけ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬(ゴールデンレトリバー)が扉を破壊した理由とは?

寂しい一人留守番 あなたが一人暮らしなら、犬は寂しさを紛らわせてくれる家族となってくれるでしょう。 犬との関係が良好であればあるほど、貴方の気持ちに応えてくれ、身近に親しい 存在になっていきます。 そ …

犬にも怒りの感情があるの?知っておくべき6つのポイント

犬の感情を知ろう! 怒りという感情の多くは、攻撃行動がつきまといます。 犬の怒りによる攻撃行動は、獲物を得るための攻撃とは全く違う行動で、強い感情を伴います。 この攻撃は時には、他の動物や人間に向かう …

犬を飼うための7つの環境チェック

今までに我が家にいた犬の何匹かは、本来は殺処分を予定されていました。 現在飼っている太郎さん、次郎さん二匹とも処分予定でした。 身近な所に殺処分の危険があったために、私の場合少々神経質すぎるかもしれま …

犬アレルギーの対処法

実は私はアレルギー持ちです。 正確に言うなら犬アレルギーではなく、ある病気のため免疫力が弱く、アレルギー反応が出やすい状態な のです。 私のアレルギー症状は、不調や疲れが出ていない限りは平気なので、犬 …

犬を飼うなら家族として迎える覚悟を

犬を飼っている人の多くは、犬が好きだからだと思います。 しかし時には、子供の要望に応えると言う形で犬を飼い始める人がいますよね? 昔から良く聞く言葉です。 「お母さん犬飼いたい!ちゃんと面倒を見るから …