犬との出会い 犬の健康、病気

犬のニューオーナーシンドロームって何だ?

投稿日:

犬を迎えた時から、すでに躾は始まっている!とばかり意気込み過ぎたり、可愛いからと言って遊びすぎてはいけません。

あなたは愛らしいモフモフとした生き物を前に、構う事を我慢できるでしょうか?

私はいつも親に

「子犬を構いすぎるのでは?」と警戒されます。

意図してか?偶然か?我が家に子犬がやってくるのは、家庭の事情で両親と一緒に過ごし ていない期間や、勉強優先している時期ばかり。

そのため、太郎さんも次郎さんも初対面時にはすでに成犬でした。

なぜ私が子犬と遊ぶ事を警戒されたのでしょう?

それにはきちんとした理由がありました。

 

■ニューオーナーシンドロームとは?

子犬が新しい家庭になれるまで、環境の変化によるストレスで体調不良になる場合があります。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • くしゃみ
  • 誤飲
  • 元気がない

この体調不良を、一般的にニューオーナーシンドロームと呼びます。

注意点

  • 飼い始めから2・3日がピークです。触りすぎに注意しましょう。
  • 躾等の開始は1週間ほど、環境に慣れるまで待ち十分に休息を取らせてください。
  • 子犬は1日18~20時間ほどの睡眠が必要です。睡眠の妨害をしないでください。

 

そのうち環境に馴染むだろうと軽く考えてしまいますが、身体も小さく体力の無い子犬は 衰弱も早いです。

子犬の体調には注意を払って下さい。

そして症状が酷いようなら動物病院等へ連れて行きましょう。

 

ニューオーナーシンドロームの症状にビックリして「子犬が家庭に馴染めず可哀想だから、元の飼い主に戻そう」等と考えないでください。

飼い主を転々とする事で子犬は

「捨てられた・イラナイ子」等と認識してしまいストレスの 元になってしまいます。

 

このように子犬を迎えてから環境になれるまでの間は、多かれ少なかれストレスを受けます。

私が子犬に触れさせてもらえない理由は、子犬を構いすぎる事で子犬にストレスを感じさせないためです。

子犬が可愛くて、撫でたり抱えたり一緒に寝ようとしたり。

こういった私の魂胆を母は見抜いていたのだと思います。

小さなお子さんが子犬を構いすぎないように、注意してくださいね?







-犬との出会い, 犬の健康、病気
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こんなブリーダーはやめておけ!私が出会ったブリーダー✕2

類は友を呼ぶと言うように、犬好きは犬好きを呼び集めるものです。 犬好き交流を頻繁にしていた頃、その集まりの中に個人ブリーダーさんも多くいました。 ブリーダーさんから犬を迎えるメリットは、どんな環境で育 …

動物愛護団体から犬を譲り受ける際の注意点

動物愛護センター・保健所・各種動物愛護団体から犬を里子として引き取る方法です。 ■メリット 基本無料 殺処分される犬を救う事ができる。   ■デメリット 犬の側に何らかの問題がある場合もある …

ここであえての私の家の犬達の発情と去勢

<我が家の発情した犬たち> メスの場合半年に1度、発情前に10日ほどの生理期間があります。 シーズー、ヨークシャテリア、キャバリアの時には特に出血を目にすることがありませんで した。 大型犬ではない場 …

サプライズプレゼントに犬?! やめて欲しい3つの理由

犬を飼う理由を考えていて思い出したのが、犬をプレゼントする人達。 動物好き家族が、誕生日に犬のオネダリは想像しただけでも可愛くて頬が緩みます。 子供「パパ!誕生日には犬が欲しい!弟のように大切にするか …

犬を飼う環境について気をつけておくべき4つのこと

犬を飼っている我が家の環境はと言うと、冬は寒く雪が積もります。 山沿いで周囲は用水や川があるため、暑い季節には周辺気温より2度ほど低いので過ごしやすいです。 近隣が田畑なため、隣家までは大変離れていま …