犬との出会い

犬を引き取るまでの移動の際に気をつけておくこと11選

投稿日:

犬の購入を決意した際に、どのような移動手段・運送手段で犬を迎えますか?

我が家の場合と言うより、私が住む地域は車が無いと生活できないと言っていいほどの 地域なため、移動手段は車となっています。

隣の県であろうと、2・3つ向こうの山を越える場合であろうと、車移動しています。

知らない人と一緒にいると言うだけで、子犬は不安を感じるでしょう。

その不安が体調に影響し、移動中に吐き戻しなどを行う犬もいました。

家に着くまで我慢してもらわなければいけないのが、見ている方もツライです。

犬の引き取り先は、どこから譲り受けるかによって変わりますが、移動手段を色々考えてみ ましょう。

 

■車で移動する場合

  • 犬が車内で、排泄を行う、具合が悪くなり吐き戻しを行う、等は想定内としてください。
  • 犬を入れるキャリーバック等を準備しトイレシートをひき対応していてください。
  • タオルやオモチャ等を入れて気を紛らわせてあげるのも良いでしょう。 途中、車を止めて散歩するのに適した場所がある場合、首輪・リード・トイレ用品を準備しておき、散歩をするのも良いかもしれません。

 

■徒歩での移動の場合

  • 引き取る犬種が小型犬の場合は、キャリーに入れての移動が良いでしょう。
  • 中型犬の種類や、サイズによってはキャリーによる移動が可能ですが、犬自身に歩いて貰 う事も必要になります。
  • 犬も一緒に歩いてもらう場合には、首輪とリード、人と一緒に歩く事に慣れている必要性 が出てきます。
  • 途中にトイレをする場合もありますので、トイレ用品の準備も忘れないでください。

 

■電車・飛行機で移動する場合

  • 荷物扱いで有料になります。
  • 料金の方は各交通機関にお問い合わせください。
  • 移動の際には、ケージやキャリーバック等に入っている状態でなければ、乗ることは出来 ませんのでお気を付け下さい。
  • 移動の際に、排泄・吐き戻し等の危険も考慮してください。







-犬との出会い
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こんなブリーダーはやめておけ!私が出会ったブリーダー✕2

類は友を呼ぶと言うように、犬好きは犬好きを呼び集めるものです。 犬好き交流を頻繁にしていた頃、その集まりの中に個人ブリーダーさんも多くいました。 ブリーダーさんから犬を迎えるメリットは、どんな環境で育 …

はじめて犬を引き取る際のポイントを5つ挙げてみました

犬を迎えよう!引き取り先での確認事項 成犬であっても犬種によって大きさ・運動量は違ってきます。 それだけで、毎日の生活をどのように送ればいいのか不安になるでしょう。 ましてや、日々成長をしていく子犬で …

犬を飼う環境について気をつけておくべき4つのこと

犬を飼っている我が家の環境はと言うと、冬は寒く雪が積もります。 山沿いで周囲は用水や川があるため、暑い季節には周辺気温より2度ほど低いので過ごしやすいです。 近隣が田畑なため、隣家までは大変離れていま …

通信販売で犬を購入する際に気をつけておきたいこと

ネットの普及が広がり様々な通信販売が日常的に行われるようになりました。 インターネットを通じて、近隣では手に入れる事が出来ない食品・衣類・雑貨等を購入するように、生体も通信販売で購入することができます …

良いブリーダーの見分け方 5つのポイント

子犬の販売を目的とした繁殖を行う人を、一般的にブリーダーといいます。 ペットショップを経由せず、直接ブリーダーから購入すると言う方法もあります。   ■直接ブリーダーから購入する際のメリット …