犬のしつけ

犬の分離不安よさらば!

投稿日:

犬をお供にコンビニ散歩。

買い物の間は、犬に外で待機してもらっている。

我が家の犬は愛嬌ふりまき、尻尾ふりふりで誰かれ構わずお腹を見せる。

プライドを持て!

と私は言いたいのですが、実はアレは生き抜くための技なのかも?

 

人相手には弱者アピールが激しい太郎さんは、保健所からの起死回生組。

人間と見れば相手構わずお腹を向けて「僕は良い子」アピールをし、あなたに尽くします的な態度を示す。

きっと、保健所経験が太郎さんを人に対して愛想良い子にしたのでしょう。

保健所からのシェルターに救われた犬は太郎さんのような行動を見せる子が多く、飼いやすい犬が多いと思います。

犬お腹見せ

過去に飼っていた犬の中には、買い物散歩で離れている間中

「きゅ~んきゅ~ん」

と不安そうに呼び鳴きをする犬がいたので、私はその犬は買い物散歩には連れて行かないようにしました。

買い物散歩をしている人の中には、 ずっと呼び鳴きをする子を待たせている人もいます。

 

呼び鳴きのひどくなったものに、分離不安と言われるものがあります。

不安、心配等のストレスによる

「排泄の失敗」

「家具破壊」

「毛が抜けるまでグルーミング」

といった挙動が挙げられます。

 

分離不安の初期段階には、

「飼い主の外出準備に挙動不審になる」

「背後をつきまとう」

「帰宅時に大げさなほどの熱烈 関係をする」

等のサインがあるそうです。

 

我が家の場合は常に家に誰かがいる状態なのと、多頭飼いであるためにこのような行動は 余り見られませんでした。

分離不安と言うと人間の赤ちゃんにも見られるため、子育て経験のある方は理解しやすいかもしれません。

人の赤ちゃんは、8か月頃から親が傍にいない事に不安や混乱を起こし泣きます。

しかし、大きくなるにつれ、親は帰ってくるということを覚えるようになり、通常2歳までになくなるそうです。

犬も人間の赤ちゃんと同じだと考えると、犬も飼い主のお出かけは特別なことではなく、日常の生活ルールだと認識させることができれば、日々の 不安から解放され、分離不安の症状はなくなります。







-犬のしつけ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

落ち着いた柴犬のサクラと、飼い主の可愛がりが過ぎ、わがまま犬になってしまったモップ君

昨日、我が家に父の友人が遊びに来ました。 奥さんを早くに亡くされた方で、年に数回数日我が家に犬と一緒に宿泊していく方です。 この方、一昨年までは15歳の年齢になる柴犬のサクラさんと言う犬を飼っており、 …

甘やかされたキャバリア犬をしつけ直した方法

我が家の犬のほとんど(成犬から飼い始めた子以外)が、問題の無い子だったのですが、一匹だけ問題の多い子がいました。 その犬と他の犬との違いは何か? それは弟が育てたと言うところです。   寝る …

上手な留守番をさせるには、犬のストレス軽減がポイント

犬のしつけ方(留守番編) 犬を飼う際には、きちんと留守番を出来るようにしつけておくことは大事なことです。 犬を置いて家を出てしまえば、犬は自然と留守番役となりますが、犬が不安にな らないように、犬のス …

しつけ、ルールを教え間違い問題犬となった3つのケース

犬の躾やルールは一度覚えれば絶対的なものだと思ってはいませんか? 彼等の習性「リーダーは絶対的存在」を徹底すると「ルールはリーダーの群れ(家族)のみ に適応」となり、問題となった犬達もいるのです。 柴 …

犬にも怒りの感情があるの?知っておくべき6つのポイント

犬の感情を知ろう! 怒りという感情の多くは、攻撃行動がつきまといます。 犬の怒りによる攻撃行動は、獲物を得るための攻撃とは全く違う行動で、強い感情を伴います。 この攻撃は時には、他の動物や人間に向かう …