犬との出会い

動物愛護団体から犬を譲り受ける際の注意点

投稿日:

動物愛護センター・保健所・各種動物愛護団体から犬を里子として引き取る方法です。

■メリット 基本無料

殺処分される犬を救う事ができる。

 

■デメリット

犬の側に何らかの問題がある場合もある。

 

■特徴

純血種よりも雑種が多く、子犬よりも成犬がはるかに多いです。

子犬の場合はさして気にしなくても良いのですが、成犬の場合は性格に問題がある犬もいますので、引き取る前に犬が保護された経緯を知っておくことが出来ると良いでしょう。

飼い主に問題があり捨てられた犬は、心に傷を負っていることが多いです。

また、犬自身に問題があるとされ、捨てられた場合もあります。

 

■捨て犬を引き取る方法

自治体の動物愛護センター等は、講習会等が開かれる事が特徴ですが、流れ自体は慈善団体の方と余り変わらないと思います。

 

1)里親募集に連絡をする。

各地方自治体の動物愛護センター、 保健所やセンターから犬を譲り受けて、里親を募集している各種慈善団体等にご連絡下さい。

2)実際にお見合いをする前に 自治体の動物愛護センターの場合は、犬の知識の講習を強制的に受けさせられます。

慈善団体の場合は、ホームページ等団体や犬をチェックしておくと良いでしょう。

3)実際にお見合いをする。 自分の生活パターンや、条件にあった犬を選びましょう。

ライフスタイルが合わない場合は、譲渡を断られる場合があります。

4)里親応募を行う。

自分と仲良くできそうな犬・条件にあった犬がいない場合は次の機会まで待ち、無理に犬を引き取らない事をお勧めします。

 

犬を譲り受けてから早い段階で、病院で健康診断等を受けてください。

大勢の犬との共同生活で、病気になっている場合もあります。

また、慈善団体の場合は、不妊手術・予防接種・ワクチン・健康診断等が行われている事が多いため、
譲り受ける時にかかった費用をお渡しするのが一般的となっています。

民間の慈善団体等の場合は募金等のお願いもありますので、ご理解をお願いします。







-犬との出会い
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬の健康チェックポイントはここだ!犬を購入する際には必ずチェックを!

犬を選ぶ時は、健康的な犬が良いですよね。 健康を見る時はどこをチェックするのか? あらためて問われると、元気か?毛艶が良いか?程度しか思いつかないと思います。 私も最初はそうでした。   毛 …

犬をどこからお迎えしますか? 6つの入手方法

犬の入手方法は、色々あります。 我が家の17匹いた犬達がどういう経緯で家に来たのかをお話ししようと思います。 私は生まれた頃から病弱で手がかかったため、新しく犬を購入する事は控えられていました。 とこ …

犬を飼う環境について気をつけておくべき4つのこと

犬を飼っている我が家の環境はと言うと、冬は寒く雪が積もります。 山沿いで周囲は用水や川があるため、暑い季節には周辺気温より2度ほど低いので過ごしやすいです。 近隣が田畑なため、隣家までは大変離れていま …

こんなブリーダーはやめておけ!私が出会ったブリーダー✕2

類は友を呼ぶと言うように、犬好きは犬好きを呼び集めるものです。 犬好き交流を頻繁にしていた頃、その集まりの中に個人ブリーダーさんも多くいました。 ブリーダーさんから犬を迎えるメリットは、どんな環境で育 …

犬を飼うための7つの環境チェック

今までに我が家にいた犬の何匹かは、本来は殺処分を予定されていました。 現在飼っている太郎さん、次郎さん二匹とも処分予定でした。 身近な所に殺処分の危険があったために、私の場合少々神経質すぎるかもしれま …