ヨークシャテリアが出産する時の費用は?

 

犬の出産時期、我が家の犬人口密度は倍に膨れ上がりとても賑やかでした。

うにょうにょと這い回る子犬はとても可愛く、少し大きくなった5匹の子犬に追いかけられるのは楽しいものです。

我が家で出産経験のあった犬は、ヨークシャテリアの L さん、シーズーの順子さんです。

L さんの出産は予定外のものでした。

テリア

L さんはとても小さなヨークシャテリア、出産をさせると危険だと判断していたため発情期には隔離をしていました。

では、なぜ妊娠をしたのか?

母親の管理を潜り抜け、オス犬と遭遇してしまった?

いえいえそうではありません、犬のせいでもありません。

馬鹿な人が夫婦で犬をつれて遊びに来た際に勝手にお見合いをさせていったのです。

それに気付いて母は怒ったようですが、後の祭りでした。
matuko

こういう方の飼い犬には早急に去勢をしてほしいものです。

 

L さんとの見合いを目論んだその人は、

「うちの犬が怪我をしたから犬を取り換えて欲しい」や

「犬にビールを与えて酔っているのを見るのが楽しい」と言う発言をする非常識な人でした。

出産で L さんが死んでしまっては後悔してもしきれません。

L さんは万全の体制で出産に臨みました。

妊娠の確認のために超音波検診、。費用は1,000円~3,000円 。

ある程度大きくなってからレントゲン検診。費用は 1万円 。

帝王切開分娩での出産。費用は 5万円~10万円。

2匹の子犬が産まれたのもうれしかったのですが、L さんが無事に出産を終えた事が何よりも嬉しかったです。

L さんは、しばらくはお腹の傷を気にしていましたが、すぐに元気で走り回るようになりま した。

L さんに反して、犬の順子さんは3回の出産をしておりますが、 1回目は病院での自然分娩、2・3回目は気づいたら子犬の鳴き声が聞こえる~と、母を慌 てさせていました。

女犬後の

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う