上手な留守番をさせるには、犬のストレス軽減がポイント

 

犬のしつけ方(留守番編)

犬を飼う際には、きちんと留守番を出来るようにしつけておくことは大事なことです。

犬を置いて家を出てしまえば、犬は自然と留守番役となりますが、犬が不安にな らないように、犬のストレスが多くならないような留守番を教える事をお勧めします。

なぜなら、これらを上手くクリアーしないと、犬は「分離不安」と言う心理的な病気になる可能性がある からです。

 

我が家のお留守番は代々の犬達により

「お留守番は怖いものではない」

と受け継がれているため特別に不安を感じる犬はいません。

多頭飼いですから、留守番を怖がる事もありません。

しかし留守番をしてもらう際には、留守番をする場所、ケージ・犬小屋・犬部屋の中を、犬にとって居心地の良い場所になるように心掛けています。

留守番をする場所が居心地の良いものであれば、犬がストレスに感じることなく、快適に過ごしてくれるだろうと言う思いからです。

居心地の良い場所だと犬に認識させるために私がやっている事は、その場所で食事をさせ、その場所を嬉しい場所となるようにしてあげることです。

例えば、

  • 好きなオモチャを入れておく
  • お気に入りの毛布等を入れておく

などです。

犬のおもちゃ

留守番初心者の犬には、私がお出かけする前に、散歩やボール遊びなどの運動で疲れさせていました。

私の外出中に犬が眠れるようにして、ストレスを感じなくさせるためです。

 

留守番で良く聞く話では、犬が留守番を嫌がるのは捨てられると言う不安を感じるためだということです。

出かける際にも不安を感じさせないように、人間の外出は特別なことではなく、

「ちょっと洗濯物でもしてくる」

程度の感じでお出かけが良い等と言う話を聞きます。

 

我が家では番犬としてシッカリと仕事をしてもらっているため、

「留守番よろしく!」

と宣言して出かけているため、我が家の例は参考にならないかもしれませんね。

 

結局のところ、留守番も上下関係の延長上にあり、日常生活のルールの一つです。

犬のわがままによる要求はどんなに暴れても無駄、と教える事が大切です。

大人しくしている時こそ、自由にさせてもらえる。

遊んでもらえると覚えてもらいましょう。

これらを徹底することが、すべてのしつけに繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う