ペットショップから犬を迎える際に気をつけるべき6つのポイント

 

動物を家族に招く際に一番多く利用されるのは、ペットショップだと思います。

ペットショップが特別に良いと言う訳ではなく、他の手段にはなかなか辿り着きにくいためでしょう。

 

■メリット

気軽に見学でき手軽に入手できる。
グッズや育て方について相談に乗ってもらえる。

■デメリット

金儲け主義の店があり、そのような店は子犬の健康や性格に問題が出ることがあります。 また、犬の競り市から仕入れている場合は、感染症にかかっていることあります。

 

我が家に一番近くて大きなペットショップでの事です。

犬、猫、鳥のどの動物にもまったく興味のない人が、店員を行っていました。

様子がおかしい動物がいる事が気になって仕方なく、それに対して声をかけれると馬鹿にされました。

その後数匹が、逃走し怪我をしました。

しかも怪我をしたまま治療もせず売られていました。

また、怪我をしている子を引き取ろうと思い、病院等が必要な時にどうすれば良いか?と尋ねた際にも 「知りません」の一言で終わりました。

気の毒ですが、そのような店舗で売られている子は愛情が薄いため、社会性が不足し攻撃性が高い場合があります。

私個人としては、所持している犬の数は少なくし、ブリーダーやペットショップ同士の繋がりを大切にする経営方針の小規模店舗をお勧めしたいです。

ペットショップの見極め方を紹介していきたいと思います。

 

■登録業者を証明する標識が正しく掲示されている

 

■犬に関する知識が豊富である

犬に興味がない人の場合は、知識も豊富でなく世話も適当にされているため、犬の精神状態・性格に影響を与える事があります。

 

■ライフスタイルにあう犬を紹介してくれる

個人の生活状況・環境などを考慮したうえで犬を進めてくれる人は知識が豊富だと思います。

買った後も安心して相談に乗ってもらえるでしょう。

 

■犬同士で遊ぶ時間・場所が存在している

子犬は他の犬と遊ぶ事で社会性等を身に着け、警戒心が少なく穏やかな性格形成に役立ちます。

 

■衛生管理がしっかりしている

ケージや食器が汚く不衛生な店は論外です。

 

■その他

生後3か月未満で売られていませんか? 生後3か月までは親元に置いてシッカリとした身体と心を身に着ける時期です。

小さい方が売れる 売れなかったら損をする等の考えの店は避けた方が良いでしょう。

また、生命保障制度の内容をシッカリと確認させてもらいましょう。

その際に、注意事項を書面で確認しましょう。

上記2点を提示できる店であれば、健康面に自信を持っていると考えられます。

 

長々と書きましたが、健康面と精神面を親身に考えて対応してくれる。相談に乗ってくれるショップを お勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う