MIX犬と雑種の違いとは?~あなたは純血種にこだわりますか?~

 

犬を選ぶときに、最初に考えて欲しい事があります。

犬の犬種や血統が気になる?気にならない?

これによって、犬を手に入れるルートや価格が大きく変わってきます。

 

そして私が勘違いしていた事項を1つ

Mix 犬と言う呼び方は、雑種と言う言葉を嫌う人によって使われだしたと思っていました が!!
違いました・・・。

Mix 犬は、人間が意図的に交配を行い、好みの容姿を生み出そうとしたもの。 雑種は、無作為に繁殖したもの。

そのため Mix は、純血種に負けない価格なのですね。

 

<非純血種の特徴>

 

  • 遺伝的疾患の発生率が低くなるため、丈夫と言われています
  • 両親のどんな容姿を受け継ぐか分からないため、どのような成犬になるかわかりません
  • 犬種ごとに性格等の特性がありますが、非純血種の場合両親のどちらの特徴を受け継いで いるか分からないために、一匹ごとに見極める必要性があります
  • 犬種ごとの適切な食事や運動量も、上記と同様に予測し難いです(※遺伝的疾患 キャバリア等は純血同士の乱交配により心臓に疾患が出やすい、トイプードルは、足の関節が弱い等です)

 

<純血種の特徴>

  • 同じ地域に生息する同じ血統での交配が行われていることが多いです。
  • 先天的に疾病が持った子供が出やすくなります

 

同族内での乱交配は 足が短い犬は、より短く 極端に小さな犬は、より小さく 鼻の低い犬は、より低く、仕事に役立つ犬種はより専門的へと、変化していったのです。

純血種を守ると言う事は、リスクを引き換えに特製を特化していると言う事になります。

そのため、犬の性質・性格を予測しやすいです。

純血種、乱繁殖と言うと、ハスキーを思い出します。

ハスキーブームの頃、日本国内でのハスキーの数は少数でした。

ハスキーと言えば、暑さに弱く身体も大きく、好奇心旺盛な性質を持っており、飼うのが難 しい犬種です。

しかし、流行に対応するため、ブリーダーにより血族内での乱繁殖が行われました。

ブームの終わりごろには、ハスキーは乱交配のせいでかなり身体が小さくなりました。

純血種同士の乱交配の悪影響です。 そこまでして行った乱交配ですが、飼育の難しさにより多くのハスキーが処分されたのは、 残念で仕方ありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う