犬の毛の特徴と手入れのしやすさ

 

犬の毛の長さによっては、毛の手入れが思いのほか大変なものとなります。

手入れのしやすさを考えるか? ロマンをとるか?

長毛種に対するロマンは、私も理解しているつもりです。

 

ロングに手入れされた犬は、どの子も気品があり気高いイメージを受けます。

プードルカットにされた大きなスタンダードプードルの存在感は圧倒的です。

散歩をしている姿を初めて見た時は、人見知りをする私が、思わず声をかけるくらいでした。

どれっど犬

先日テレビで見た、ドレッド犬のプーリーには思わず視線を奪われてしまいました。

お風呂に入れる際には6時間もかかるそうです。

そして乾燥には3週間もかかると飼い主の方が話していました。

これらを手入れし、維持できる犬への愛情はとても素晴らしいですよね。

長毛種にはロマンがあると思います!

毛の特徴を知ると言う事は、後の手入れに影響しますので、簡単に説明をしていきます。

 

■長毛種の特徴

これらの犬は、放っておくとどこまでも毛が伸びてしまいます。

放っておけばすぐに毛玉が出来てしまいます。

そのため、日々のブラッシングは欠かせません。

長毛種として有名な犬種は、プードル、ヨークシャーテリア、シーズー等です。

しかし、アンダーコート(全身をおおう長い毛の根本に、1センチ程の長さで密集している毛)が無いために、抜け毛が非常に少ないです。

また、長毛種の毛を短くカットしてもとても可愛らしいです。

 

■短毛種の特徴

毛の長さは、一般的に3センチ前後のものを指して短毛種と呼ばれます。

短毛種の特徴としては、アンダーコートのある犬が少ないです。

手入れがとても簡単で、日々の手入れは、水を絞ったタオルでふく程度でも平気です。

しかし、暑さ・寒さにとても弱いです。

一定の温度が保つことができる室内での飼育が好ましいです。

洋服を着てオシャレを楽しんでいる犬も、この犬種に多いです。

短毛種で有名な犬種は、ボストンテリア、パグ、チワワ等です。

 

■短中毛種の特徴

アンダーコートが密集しており抜け毛が非常に多いです。

換毛期に関係なく一年中抜け毛があります。

短中毛種で有名な犬は、ハスキー、柴犬、秋田犬、シェパード等です。

 

長毛種のお手入れは大変ですが、ぜひ愛情を持って接してあげて欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う