犬のニューオーナーシンドロームって何だ?

 

犬を迎えた時から、すでに躾は始まっている!とばかり意気込み過ぎたり、可愛いからと言って遊びすぎてはいけません。

あなたは愛らしいモフモフとした生き物を前に、構う事を我慢できるでしょうか?

私はいつも親に

「子犬を構いすぎるのでは?」と警戒されます。

意図してか?偶然か?我が家に子犬がやってくるのは、家庭の事情で両親と一緒に過ごし ていない期間や、勉強優先している時期ばかり。

そのため、太郎さんも次郎さんも初対面時にはすでに成犬でした。

なぜ私が子犬と遊ぶ事を警戒されたのでしょう?

それにはきちんとした理由がありました。

 

■ニューオーナーシンドロームとは?

子犬が新しい家庭になれるまで、環境の変化によるストレスで体調不良になる場合があります。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • くしゃみ
  • 誤飲
  • 元気がない

この体調不良を、一般的にニューオーナーシンドロームと呼びます。

注意点

  • 飼い始めから2・3日がピークです。触りすぎに注意しましょう。
  • 躾等の開始は1週間ほど、環境に慣れるまで待ち十分に休息を取らせてください。
  • 子犬は1日18~20時間ほどの睡眠が必要です。睡眠の妨害をしないでください。

 

そのうち環境に馴染むだろうと軽く考えてしまいますが、身体も小さく体力の無い子犬は 衰弱も早いです。

子犬の体調には注意を払って下さい。

そして症状が酷いようなら動物病院等へ連れて行きましょう。

 

ニューオーナーシンドロームの症状にビックリして「子犬が家庭に馴染めず可哀想だから、元の飼い主に戻そう」等と考えないでください。

飼い主を転々とする事で子犬は

「捨てられた・イラナイ子」等と認識してしまいストレスの 元になってしまいます。

 

このように子犬を迎えてから環境になれるまでの間は、多かれ少なかれストレスを受けます。

私が子犬に触れさせてもらえない理由は、子犬を構いすぎる事で子犬にストレスを感じさせないためです。

子犬が可愛くて、撫でたり抱えたり一緒に寝ようとしたり。

こういった私の魂胆を母は見抜いていたのだと思います。

小さなお子さんが子犬を構いすぎないように、注意してくださいね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う