犬を飼った時にかかる必要な費用 (健康診断、予防注射、害虫対策)

 

我が家のシェパード次郎さんは、生まれた時から足腰が弱いだけでなく、アレルギー体質と色々大変です。

ノミやダニに噛まれた後は凄く肌荒れを起こします。

そのため、日々のノミ・ダニ対策は欠かせません。

頻繁に対策が必要となるために、色々と工夫が必要となっています。

日常的には、ノミ・ダニ避けを利用し、それでもノミ・ダニに付かれてしまった時は薬を服要します。

他にも色々な病気予防等が犬の成長、日々の生活に必要となってきますので、簡単に説明していきます。

 

■健康診断

内容によって変動しますが 5,000円ほどを目安にしてください ・体重測定、食事量の適正を知ることができます。

  • 体温測定 犬の平熱は37.5~38.5と人間よりも高いです
  • 便の検査 硬さ・匂い・色から体調を知ると共に、寄生虫の検査も行います
  •  血液検査 血液系の疾患や血液型を知ることが出来ます
  • 尿の検査 泌尿器系の疾患を知ることができます
  •  このほかにもレントゲン検査・心電図検査等があります

 

■混合ワクチン

1回 8,000円ほどです。

生後50日と、生後 80~90 日の2回必要です。

混合ワクチン接種は、犬がかかりやすい病気に対する免疫力を高めるた めの注射です。

離乳する頃には免疫力が低下するため、この時期にジステンパー、パルボウイルス、レプトスピラ、伝 染性肝炎、パラインフルエンザ、アデノウイルス I 型、同 II 型などの伝染病対策として、これらの感染症に対する混合ワクチンを接種する必要があるのです。

予防接種は近くの動物病院で受けることができます。

 

■フィラリア予防薬

体重に応じて変化します。 10,000~15,000円ほどです。

フィラリア症とは細長い虫(フィラリア)が犬の心臓に住み着いてしまった状態を言いますが、この状態 になると心臓への負担が大きくなり、多くの場合、犬は死んでしまいます。

フィラリア症を予防するためには、フィラリアを媒介する蚊が繁殖する時期にあわせて予防薬を飲ませたり注射したりする必要があります。

お近くの獣医さんにご相談ください。

 

■ノミ・ダニの予防

4,000円ほど 。

犬の毛は体の小さなノミやダニにとっても住み心地が良いです。

ノミ、ダニに噛まれると、噛まれた部分がかゆくなり、またノミ、ダニの排出したフンがアレルギーの原因になります。

ノミやダニが室内で繁殖すると、飼い主のベッドなどにも侵入してしまうため、室内を衛生的に保つためにも、犬のノミ・ダニ予防は重要となります。

犬と人、両方の健康と衛生環境のためにぜひ気を付けて欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う