犬に玉ねぎ、にんにくは良くない?塩分はいらない?思い込みには危険がいっぱい!

   2015/08/11

犬に伝わる迷信(玉ねぎ・塩分編)

犬に与えてはダメだと良く言われるのは、玉ねぎ・チョコ・鳥骨・塩分です。

玉ねぎがダメな理由は、玉ねぎを食べる事で中毒をおこし、貧血になるからと言われています。

しかし、残り物を愛犬に与えていた知人の犬が、玉ねぎで体調を崩したと聞いた事がありません。

玉ねぎ嫌いの祖母が、こっそり犬に後始末を頼んでいましたが、犬が貧血をおこし嘔吐・下痢になったと 言う事はなく、元気に毎日走り回っていました。

「辞めて」とは伝えていましたけどね。

シェパード2

最近、ニンニク入りのドックフードが健康に良いと販売されているのを見ました。

食べる量の問題なのかな?と思い色々調べてみたところ、 体重1キロあたり20g以上を食べると危険だそうです。

では、40キロほどあるシェパードの次郎さんですと800g 玉ねぎの重さ(中)200g前後。 食べさせようとしても決して食べないでしょう。

「玉ねぎはダメだから!」等と、家族内で喧嘩を起こしてまで止める必要はないと判断しました。

では、塩分はどうか?

人間にとって取りすぎはダメですが、塩分はとても必要な成分です。

血液の量をコントロールしたり、神経の伝達・筋肉の就職・腸内の吸収に関わり、不足すると倦怠感・食 欲不振・血液凝縮・筋肉痛・慢性的になると下痢や嘔吐が起こります。

人間にとってこれほどまで必要なのに、犬には全く必要ないと言われると不思議でしたので、調べて見ました。

 

犬にとって1日の必要最低ナトリウムの量は、

4mg/㎏ということでした。

では、適切な1日の塩分量はどれくらいなのか?

適量はこれくらいです。

25~50mg/㎏

 

どうやら人間の推奨値と犬の推奨値は余り変わらないようです。

ドックフードも改めて調べたところ、シッカリと塩分が添加されていました。

可愛い愛犬を迎え、手作りご飯で育てたいと思ったあなたがもし、塩分は摂取してはいけない!と言う思い込みがあったとしたら、大変危険なので気を付けてください。

犬にも適度な塩分は必要です。

うちの犬には問題ないけどどうして?と言う謎でしたが、

「過剰摂取しなければ大丈夫」と言うことのようでした。

関係ありませんが、ドックフードを好奇心で食べてみたら、油の味で美味しくなかったです。

 

おまけ

ドッグフードについて、少し考えてみました。

詳しくは、犬が本当に喜ぶドッグフードについて考えた結果・・・

をご覧下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う