犬が何に恐怖を感じるのか?まとめてみた

 

犬の感情を知ろう!

恐怖と言う感情は、不快感となりストレスとなります。

犬も同様です。

犬の不快感を取り除くために犬の恐怖を考えてみましょう。

犬の恐怖は、上記の通り 恐怖=不快感=ストレス となります。

ふと悩みました。

人間と違いますよね?

人は、ジェットコースターやお化け屋敷、ホラー映画等を好んで見る人がいます。

人が必ずしも恐怖=不快とならないのは、なぜなのでしょうね?

犬と人との恐怖に対する価値観は、かなり違うようです。

 

■全ての動物に共通する恐怖

  • 強烈な刺激(突然の音)
  • 進化の過程で学習した恐怖(地震・雷・火事)
  • 社会的に学習した恐怖(恐怖の伝染・伝達)
  • 個別に学習した恐怖(蜂に刺された・刃物に触れた後に怖いと認識・記憶する)
  • 目新しい刺激(知らないものへの恐怖)

 

■視覚系の恐怖

  • きらきら光る水たまり
  • 金属等の光の反射
  • 見慣れない小さなものが落ちているとき
  • 排水溝の格子状の蓋
  • 強い色の強烈な対比
  • 入口の先が暗い
  • ゆれる鎖
  • 柵にかけた衣類
  • 動くビニール袋
  • 目の前に動く人

 

犬にとっては上記のものが怖いと認識されるようです。

白と黒のコントラスト( 明るい色・暗い色のコントラストがある場合)は、黒い部分が深い闇の ように見え、底なしの穴に見えるそうです。

そのような視覚認識の差は、人間には理解しづらいところですね。

 

■聴覚系の恐怖

  • 突然の物音
  • 金属がぶつかる音
  • 甲高い音
  • 空気が抜ける音

人間の聴覚の可聴域とは違い、犬の耳の方が高性能です。

人間と犬の視覚に差があるように聴覚にも大きな差があり、人間が怖いと認識しない音に恐怖を感じる事もあります。

犬に様々な音楽を聞かせた結果、クラシック音楽には犬を落ち着ける効果があり、ヘビメタなどの音楽に対しては、犬が落ち着かずソワソワさせる効果があったと言います。

人が音楽を聴いてテンションが上がり興奮するのと、犬が落ち着かないと言うのは意味が違うのか気になるところです。

 

■触覚系の恐怖

  • 吹き抜ける風
  • 床材の感触と変化
  • 一方通行ゲート
  • 身動きの取れない状況

 

犬と人の認識の差がとても興味深いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う