犬(ゴールデンレトリバー)が扉を破壊した理由とは?

   2015/01/18

寂しい一人留守番

あなたが一人暮らしなら、犬は寂しさを紛らわせてくれる家族となってくれるでしょう。

犬との関係が良好であればあるほど、貴方の気持ちに応えてくれ、身近に親しい 存在になっていきます。

そんなパートナーが部屋に待っていてくれると思うなら、帰宅するのも楽しく思えるはずです。

しかし、仲良くなればなるほど一人の時間を寂しい、一人留守番は嫌だと思うのは、犬も人 間も一緒なのではないでしょうか?

犬好きの友達は、一人暮らしをきっかけにゴールデンレトリバーを飼いました。

ゴールデンレトリバーは「賢く」「優しい」性格の子が多く、信頼のおけるパートナーとし て最適な子だと思います。

少し大柄ですけどね。

男性とゴールデンさんの生活はいつでも一緒だったといいます。

帰宅してからは、食事の時も、トイレの時も、風呂は扉の前に待ち、ゲームをするときは足元に寝そべる。

寝る時は当然同じ布団でした。

自己主張激しい事も無くひっそりと傍にいる子で日々愛をはぐくんでいったそうです。

そんな日々に激動の変化が訪れました。

その男性が人間の奥さんを迎えたのです。

何時でも一緒だったゴールデンさんは相変わらずいつでも一緒だったのですが、寝る時だ けは追い出されます。

ゴールデンさんは呼び鳴きを続け、それで足りずに扉を破壊してしまいました。

結果、奥さんは別の部屋で寝る事になったそうです。

自分の居場所が奪われる恐怖や寂しさは、半端ないものだったのでしょう。

一般的に犬は寂しい時、拗ねた時、不機嫌なとき問題行動を起こすと言われています。

〇今までできていたトイレが出来ず、どこでも排泄行為を行う。

〇今まで物を破壊すると言う事がなかったのに、破壊を行う。

〇毛を抜くほどに毛を舐める。

などなど

貴方はこのような問題行動を行う犬を家族として許容できるでしょうか?

自分が寂しいからと、自分本位に犬を飼って問題行動を行ったから「もうイラネ」なんて言わないで下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う