動物愛護団体から犬を譲り受ける際の注意点

 

動物愛護センター・保健所・各種動物愛護団体から犬を里子として引き取る方法です。

■メリット 基本無料

殺処分される犬を救う事ができる。

 

■デメリット

犬の側に何らかの問題がある場合もある。

 

■特徴

純血種よりも雑種が多く、子犬よりも成犬がはるかに多いです。

子犬の場合はさして気にしなくても良いのですが、成犬の場合は性格に問題がある犬もいますので、引き取る前に犬が保護された経緯を知っておくことが出来ると良いでしょう。

飼い主に問題があり捨てられた犬は、心に傷を負っていることが多いです。

また、犬自身に問題があるとされ、捨てられた場合もあります。

 

■捨て犬を引き取る方法

自治体の動物愛護センター等は、講習会等が開かれる事が特徴ですが、流れ自体は慈善団体の方と余り変わらないと思います。

 

1)里親募集に連絡をする。

各地方自治体の動物愛護センター、 保健所やセンターから犬を譲り受けて、里親を募集している各種慈善団体等にご連絡下さい。

2)実際にお見合いをする前に 自治体の動物愛護センターの場合は、犬の知識の講習を強制的に受けさせられます。

慈善団体の場合は、ホームページ等団体や犬をチェックしておくと良いでしょう。

3)実際にお見合いをする。 自分の生活パターンや、条件にあった犬を選びましょう。

ライフスタイルが合わない場合は、譲渡を断られる場合があります。

4)里親応募を行う。

自分と仲良くできそうな犬・条件にあった犬がいない場合は次の機会まで待ち、無理に犬を引き取らない事をお勧めします。

 

犬を譲り受けてから早い段階で、病院で健康診断等を受けてください。

大勢の犬との共同生活で、病気になっている場合もあります。

また、慈善団体の場合は、不妊手術・予防接種・ワクチン・健康診断等が行われている事が多いため、
譲り受ける時にかかった費用をお渡しするのが一般的となっています。

民間の慈善団体等の場合は募金等のお願いもありますので、ご理解をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

クレジットカ―ド おトクに使う